VPSで追加サーバを手軽に得る方法

subpage01

VPSは基本的にプラン以上のサーバ能力は得られません。

しかも大抵はスペック通りの能力が出ないことが多く、共用型と言われるレンタルサーバと同様の問題が出てきます。

産経ニュースの情報を多数ご用意したサイトです。

もちろん、多くのサービス提供害者ではハードウエアや管理の効率化をしているのでサーバスペックをプランで提供されるスペックに近づけています。

プランを選ぶ場合はある程度余裕のあるサーバスペックを選ぶことが必要です。



ただし、余裕のあるサーバを選んでもアクセスが増えれば処理能力が足りなくなります。



その場合に注目されているのがVPSのハードウエア追加プランです。
サービスによっては一時的なCPUやメモリなどの追加に対応し、時間で計算してくれるサービスが始まっています。


この方式はクラウド型でよく採用されていますが、VPSでもオプションとして用意されることが増えてきており、サービス運用で注目されています。


従来のプランではアクセス過多の場合、新たにサービスを契約して乗り換える必要がありましたが、IPアドレスが変わってしまうことが多く、ドメインの移行がうまくいかずにサービスが運用できないケースが多くありました。しかし、メモリなどのハードウエアが追加できれば運用が劇的に改善されます。ただし、クラウド型のようにロードバランサーなどが用意されていないサービスも多いことから別途自前のロードバランサーが必要になる場合も多く、アクセスが急増するサービスの運用はサーバスペックに注意しなくてはなりません。